豊胸のリスクと失敗例

何事にも、絶対というものはありません。
失敗や例外は必ず存在します。
現在のところ存在しないとしても、これから起こる可能性はあるはずです。

豊胸手術もまた同じです。
豊胸手術の失敗診断カルテ(http://www.breastiworld.com/)などを見れば概ね知ることができます。

豊胸の失敗が命に関わることも少なくありません。
例えば手術の失敗によって胸に水腫が溜まり、放置すると最悪の場合血栓により死に至るケースもあります。
驚くべきは、このような命に関わる状態になっても、胸の切除を嫌がる人が多いということです。
女性にとって、胸を切除するということはそのくらい辛いことなのです。

豊胸のために、シリコンやヒアルロン酸ではなく自身の脂肪を注入した場合でも、脂肪壊死の危険性はゼロではありません。
脂肪壊死が引き起こされると、感染症の危険性にも直面してしまいます。

いずれにしても、術後管理を徹底することが豊胸手術を失敗させない秘訣と言えるでしょう。
実際に手術を受ける際は、医師と十分に相談した上で敢行しましょう。