バストアップの施術方法イロイロ

綺麗に上を向いた大きいバストに憧れて施術を行うことが「豊胸手術」です。
近年医療の発達と共に、こうした手術にもさまざまな方法が採られるようになりました。

昔からある一般的な方法に、胸にインプラントと呼ばれるバッグやシリコンなどを入れる手術が知られています。
これは、形は大きくなり半永久的に大きさが持続できるというメリットがあります。
しかしその半面、やはり体にメスを入れることや傷口が残るのではないかという不安も少なくありません。
そのため、わきの下など、できるだけ傷口の目立たない場所にメスを入れる方法が行われています。

次によく知られている施術方法に、お尻やおなかの余分な脂肪を吸引して、バストに挿入する方法があります。
この場合、気になる部分の脂肪も取ることができるので、体型は綺麗になるといえるでしょう。
また、自分自身の脂肪なので、アレルギー反応を起こす心配もありません。

この他に、最近注目されているバストアップの施術方法が、バストにヒアルロン酸を注射器で注入する方法です。
この方法であれば、体にメスを入れる必要がないので傷口も残る心配がありません。
ヒアルロン酸は、筋肉に働きかけるので自然な形の豊胸に仕上がるといえるでしょう。
しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくので、また元に戻ってしまいます。
そのため、定期的に施術を繰り返す必要があるといえるでしょう。
このように、豊胸手術にもさまざまな種類があります。
自分に適した方法を信頼できる医師とよく相談した上で、施術を決めることが大切です。