初めて浅草とスカイツリーを見に行きました。

家族で、初めて浅草とスカイツリーを見に行きました。

念願のスカイツリーが見られるとあって、心が弾みました。

観光名所の浅草も下町を歩きながら、食べ歩きなんかもしたいと考えていました。

いざ、浅草へ到着してみると、観光客であふれていて、外国人がたくさんいました。

土産店も参拝客も、人だかりです。

人をかき分けながら、参拝し、お守りを購入しました。

土産店もたくさんあり、いろいろ探索しながら、お土産を買いました。

次は、待ちに待った食べ歩きです。

たくさんあるお店から、自分の好きなものをチョイスして食べながら歩く、

普段ではあまりしない行動なので、少しぎこちなかった気がします。

でも、それがまた味を引き立てるのでしょうか、とても美味しかったです。

近くも散歩がてら、見て回りました。

さすがに、建物は高く、隣の家とぎりぎりに建っていました。

夏場は、すごく暑く感じられるように思えます。

いよいよスカイツリーへ行きます。

浅草の近くの駅から、電車に乗り、あっという間にスカイツリーに到着しました。

下から見るスカイツリーは、すごく大きくて、さすがに高い印象を受けました。

人気がある証拠ですね。

エレベーターで上に上がっていくときは、乗り慣れないせいか、ドキドキしました。

でも着いてみると、晴天だったので、眺めは最高でした。

ずっと眺めていたい気分でした。

ソラマチも土産が豊富で、どれにしていいか迷ってしまうくらいでした。

日本が世界に誇れるものがあるのは、素晴らしいことだと思いました。

ヒラクアップで維持しているよ

私が胸に自信がないと思ったのは、高校1年のときでした。(現在30代後半です)周りの友人たちがこぞって可愛いブラをつけ出す時期でもありましたし、女子高だったので着替えの際はオープンな環境で・・・ 実際に自分の胸が小さいと実感してずっと悩みでしたが、バストが大きくなる!なんてことは無いと思ってました。

そのまま人には言えない悩みとして抱えていましたが、妊娠~出産を経て気がつけば40歳目前!妊娠の際はホルモンバランスの素敵な影響で胸も大きくなりましたが、お風呂上がりにふと鏡を見てバストのたるみに気がつき・・・また悩みが再発状態。

10代の頃とは違い、オープンに話せるようになったのでママ友に産後のバストケアはどうしているのか?加齢で胸のたるみ改善方法は?など、質問してた時に「ヒラクアップで維持しているよ」と聞き詳しく聞いてみると「自分もやってみたい!」と思ったのがヒラクアップを始めたきっかけです。

ヒラクアップの詳細はコチラ

DVDを見たとき、正直「やることあって大変そう」と思いましたがいざ見てみると楽しそう!の方が勝りました。意気込んで・・・とゆうよりは「加齢に負けない」と言い聞かせて開始です。

私は一時期ヨガ教室に通っていたので、ヒラクアップはヨガ感覚で出来ました。子供がまだ幼いので寝静まった後に毎晩ちょこちょこと。曜日に沿ったプログラムなので飽きないことも私には合っていました。

一番念入りに行ったのが、月曜日のプログラムにある「上向きバストを作る 五行の木」。ツボ付近をリンパマッサージするのですが「頭の中であがれ~あがれ~」と念じながらやるのが好きで楽しいんです。

ヒラクアップは「プログラム」内容が充実していて、バストアップする!胸を大きく!とゆう感じではなく・・・体に良いこと、誤ったバストケアをしないこと、簡単ストレッチと「内面を磨く」感じです。

「三日坊主になるよ」と主人に言われていたのですが、1週間私が毎晩欠かさずヒラクアップでマッサージやヨガ(凄くヨガに似ているので)をしているのを見て「楽しそうじゃん」となんだか笑顔・・・ これがもっと私がヒラクアップでケアしていて楽しい!と思えた点でもあります。 リンパケアやスペシャルケアは体の内面が変化するのも実感してきて、体調が良いことと、疲れやすい体が(肩こりも酷い)軽くなったのはすぐ体感しました。

2週間も過ぎると、金曜日のプログラム「老廃物排泄のケア」でスキンケアに変化。肌がピンっとしてきたのが自分で分かった時はびっくりそのもの。この時点でもうヒラクアップは
「毎晩欠かせないケア」になっていて、体調の良さや肌の変化ばかりウキウキ状態。

始めたきっかけを忘れていたのは、私はブラジャーと数年無縁で、ブラキャミ(キャミソールにパッドのタイプ)生活。はっと気がつき、胸を測定したときアンダー75センチ Bカップのはずがアンダーサイズは変わらずにCカップのサイズ・・・自分ではわからないと思い、以前通っていた下着ショップに後日行ったのがヒラクアップ開始後の約1ヶ月半後。
恐る恐る測ってもらうとやっぱりCカップのサイズに! まだまだ信じられない私はブラを試着してやっと実感。鏡に映る、ぱんっ!と張った理想の胸が自分だとは思えないくらい「胸の張り」があったんです。
1サイズアップもするなんて考えもしてなく、マッサージを楽しんでやっていただけなのでビックリ、本当にただただビックリの一言。
教えてくれた友人に早速報告しに行き、雑談していたのですが「ヒラクアップ、ほんとは誰にも教えたくないDVDだよね・・・」と(笑
こんなにも体改善ができ、長年悩んでいた胸のサイズがアップするなんて・・・やっぱりほんとは教えたくないです!けど、この効果は試して「びっくり!!」してほしいかもって思います。
胸の悩みを改善だけではなく、体の内面も改善されたことはずっと維持したいので、ヒラクアップのケア、マッサージはもう私の欠かせない一部になっちゃいました。
「加齢に負けない」精神も変わらず、現在も楽しみながらケアをやってます。
教えてくれた友人にも感謝の気持ちでいっぱいです。

豊胸のリスクと失敗例

何事にも、絶対というものはありません。
失敗や例外は必ず存在します。
現在のところ存在しないとしても、これから起こる可能性はあるはずです。

豊胸手術もまた同じです。
豊胸手術の失敗診断カルテ(http://www.breastiworld.com/)などを見れば概ね知ることができます。

豊胸の失敗が命に関わることも少なくありません。
例えば手術の失敗によって胸に水腫が溜まり、放置すると最悪の場合血栓により死に至るケースもあります。
驚くべきは、このような命に関わる状態になっても、胸の切除を嫌がる人が多いということです。
女性にとって、胸を切除するということはそのくらい辛いことなのです。

豊胸のために、シリコンやヒアルロン酸ではなく自身の脂肪を注入した場合でも、脂肪壊死の危険性はゼロではありません。
脂肪壊死が引き起こされると、感染症の危険性にも直面してしまいます。

いずれにしても、術後管理を徹底することが豊胸手術を失敗させない秘訣と言えるでしょう。
実際に手術を受ける際は、医師と十分に相談した上で敢行しましょう。